バルコニータイルの摩耗と割れの問題

バルコニータイルは一戸建てでの採用が多かったですが、プラスティック系の素材を使うことで荷重が一気に減ったことも有り、マンションでの採用も増えてきています。

バルコニータイルは見栄えもよく、また、素足でベランダに出た際にも肌触りが良いことが利点と言われています。

真剣に掲示板のココだけの話をしましょう。

バルコニータイルは木材やタイルなどを利用することが多かったですが、現在ではプラスティック系の素材が利用されることが増えています。
プラスティック系の素材の利用については主に2つの点で利点があると言われています。

1つはコストが落とせることです。
もう一つはさまざまな耐久性能が加えられることと言われています。バルコニータイルの耐久性能で重要となるのが耐衝撃性脳と耐摩耗性脳です。ベランダには人が出ますが、その際誤って物を落としてしまうことも多くあります。

タイルや木材を利用した場合には割れてしまうことも少なくありませんでした。タイルや木材を利用した場合はコストも高く、また、取り付けは専門の人員が必要になってしまうことも少なくなかったようです。

まったく新しい東京のフロアコーティングに対する期待が寄せられています。

プラスティック系の素材は耐摩耗性脳も高いです。

ベランダにはサンダルであがる方も多いですからタイルや木材では擦れが問題となります。



しかし、プラスティック系の素材であれば数万回上がっても傷が付きにくいことも多く、十分な能力があると言われています。

また、日頃のメンテナンスを楽にする意味でも防カビ性能があることもメリットの1つです。